■PROFILE

清水ののぶちゃま

  • author: 清水ののぶちゃま
  • 清水に住む42歳の単なるアルコホーリックのサラリーマン。妻、娘一人のいい男。ACでウツもち。
    好物はウイルキンソンのジンジャエール、杏仁豆腐、焼き鳥と枝豆。副業は銭屋官兵衛主宰:山信證券でのウイークトレード。そりゃまだ、金も欲しいさ…ハムスターの「さくら」の人気急上昇!!娘同様、かわいいのー
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    大分、調子がよくなってきました


    ご機嫌ななめなさくらちゃん

    <スーパー銭湯にて>
    いつもながら、暇になるとスーパー銭湯に逃げ込むのですが、今日はチョットいつもと違いました。
    いつも、夏場は日焼けをするために屋外にでて、ただ横になるのですが、今日は理解・暗記すべき「不動産鑑定評価基準」のコピーを数枚持ち込み、寝転びながら、当初の目的を果たしました。約2時間ほど日焼けと勉強にいそしみ、スタミナ定食を食べました。

    <もう5年もたつ>
    この「不動産鑑定…」を紐解いたのは、なんと平成12年11月末でありました。この前後からウツとアル中に苦しみ、読むのを躊躇していたものなのです。その間、この基準は一度改正され今日に至り、今日始めてその改正点に触れることができました。

    <サラリーマン生活で仕事が一番楽しかった頃>
    私は、サラリーマン生活の役得として、国内大学院へ2年間(ビジネススクール)の留学と3年9ヵ月、某信託銀行不動産鑑定部に派遣されています。
    それを、含めてサラリーマン生活で、いつ頃が楽しかったといえば、某信託銀行で不動産鑑定評価書ををひたすら書きまくっていた時期と符合します。
    北は釧路の見渡す限りの山林や、鉄道財団、工場財団、有料道路やスキー場の鑑定評価を行っていたときが一番楽しかったと振り返ります。

    <不動産鑑定評価>
    私のウツは、「現在の仕事」から起因すると諸先生方は見ています。したがって、投薬は対処療法でしかないことを認めています。「悪臭は元から断たなきゃダメ」なのです。
    つまり今いる会社を、取り敢えず退社することが望ましいのですが、妻子がいますから無茶なことはできません。
    でも、鑑定士試験の3次試験さえ通れば「社長・先生」になることができます。
    今日、寝転びながら考えて、バカバカ勉強して試験に受かってやろうと思いました。合格率30%の試験ですが、今、私は幸いにもソブラエティーを維持しています。来年を目標にすれば何とかなるのではないかと…

    <会社員生活>
    もうじき、厚生年金の加入期間も20年になろうとしています。50歳でお役御免。そんな会社にいるなら、いっそ自分から独立してみようと思います。目標は45歳、悔いなき人生を送ろうと思います。


          サラリーマンなんかやめて職人(プロ)になろーと



    スポンサーサイト


    未分類 | 21:39:09| Trackback(0)| Comments(1)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。