■PROFILE

清水ののぶちゃま

  • author: 清水ののぶちゃま
  • 清水に住む42歳の単なるアルコホーリックのサラリーマン。妻、娘一人のいい男。ACでウツもち。
    好物はウイルキンソンのジンジャエール、杏仁豆腐、焼き鳥と枝豆。副業は銭屋官兵衛主宰:山信證券でのウイークトレード。そりゃまだ、金も欲しいさ…ハムスターの「さくら」の人気急上昇!!娘同様、かわいいのー
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    10年前
    今、師匠が10年前を回顧しているが、私の場合はどうか。
    10年前、私は慶応義塾の大学院を卒業させていただいた。妻が妊娠していることもわかって、「次は何しようかなー」と考えていた。
    大学院の卒業論文も満足なものといえなかった。そこで不動産鑑定士になる勉強をしようと考えた。師匠は口笛を吹いていたかもしれないが、こっちは真剣である。毎朝、課題をコピーし、電車の中、仕事途中、暇さえあればそれを読んでいた。勝負である、
    試験前夜、妻子が僕を東京のホテルに行くときの見送る際の姿を思い出すと涙が流れる。「パパー」という子供の叫びに後ろ髪を引かれながらも新橋へ普通列車に乗り込んだ。車内は混んでいた、
    3日間の過酷な試験であったが、「やったー」という充実感を得て試験は終了した。
    いまだかかってこのような充実感をあじわった試験はない。
    しかし、これは2次試験で数年後、3次試験を受ければならない身分になるのだから…



    スポンサーサイト


    未分類 | 09:17:44| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。