■PROFILE

清水ののぶちゃま

  • author: 清水ののぶちゃま
  • 清水に住む42歳の単なるアルコホーリックのサラリーマン。妻、娘一人のいい男。ACでウツもち。
    好物はウイルキンソンのジンジャエール、杏仁豆腐、焼き鳥と枝豆。副業は銭屋官兵衛主宰:山信證券でのウイークトレード。そりゃまだ、金も欲しいさ…ハムスターの「さくら」の人気急上昇!!娘同様、かわいいのー
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    ユニバーサルデザインについて



    今日もきゃべつをほうばる「さくら」。皆さんもう飽き飽きしましたか…

    先般、DVDデッキを購入し、妻がセッティングをしたことを書きました。
    でも、なかなかBSをみることはできても、アナログ放送が幾らやっても観ることができませんでした。
    そこで、近くの電気店に電話して、調整するようにお願いしたら、「うちで買ってもらったものではないため1万5,000円+実費をいただきます」ととりつく島もありませんでした。私は、電気屋さんならものの30分でできる作業だから、その値段は高すぎるといったのですが…

    しぶしぶ、調整を依頼しにきたら、「このケーブルが古くてアナログ放送は見ることができませんなー」と他人事のように言い放つではありませんか。私はその態度にカチンときました。まだアナログ放送が主流なのだから、それを見越して修理するのが当たり前だと感じました。「じゃあ2,300円追加でかかりますが宜しいですか」ときた時、飲んでいたら「ぶっさらう(清水弁で殴るの意)」ところでした。

    まあ、電気屋が来なかったなら、ケーブルが痛んでいることはわからず、永遠にコードの配線をすることとなっていたので仕方がないのですが、これがジーさんバーさんなら、なんともならない状況になっていたと思います。

    冷蔵庫みたいにコンセントを差し込めばすぐに冷えるといったように、AV・PCもユニバーサルデザインの観点から、メーカーは生産するべきだと思います。また小売店でも料金を考えるべきだと思います(例えば、弁護士なら相談時間30分、5,000円位だったと思います)。

    時間に余裕があったならば、仕事にあぶれている電器技師のアルコホーリックに依頼すればよかったと思います。

    これからメーカー側もユニバーサルデザインの観点からも設定が安易にできる製品を提供すべきと考えます。

    世の中、「知っている、知らない」ことの格差が広がりつつあります。
    物を知らない人々は、知っている人の「格好のエサ」になるのだと思います。「正直者が馬鹿を見る」のと同じ構図だと思います。

    では、また明日。
    スポンサーサイト


    未分類 | 16:51:59| Trackback(0)| Comments(1)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。