■PROFILE

清水ののぶちゃま

  • author: 清水ののぶちゃま
  • 清水に住む42歳の単なるアルコホーリックのサラリーマン。妻、娘一人のいい男。ACでウツもち。
    好物はウイルキンソンのジンジャエール、杏仁豆腐、焼き鳥と枝豆。副業は銭屋官兵衛主宰:山信證券でのウイークトレード。そりゃまだ、金も欲しいさ…ハムスターの「さくら」の人気急上昇!!娘同様、かわいいのー
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    我が家は野菜炒め


    ヒマワリの種をねだるさくらちゃん

    <始まりは獅子唐>
    ことの始まりは、義母の家で「獅子唐が沢山出来たから、のぶちゃんに何か作ってもらいな」と妻が獅子唐を貰ってきたことに始まる。
    そうしたら、娘が「かぼちゃが食べたい」という。
    メニューを考えていたら、杉山さんから、なすときゅうりをいただいてあるし、冷凍のエビもある。天婦羅が筋かなと思っていたら、妻がホットプレートで焼いちゃえばの一言。
    準備も後片付けもらくだからだ。しかし揚げ物を、実際作るのは私の役割なのだ。

    <肉>
    我が家はヒンズー教徒でないのだが牛肉を食べない。正確には食べないのではなく、経済的に食べられないのだ。もう5年ほど焼肉屋に行っていない。そりゃあ牛肉は美味しいが高くて食卓には上らない。
    牛肉を食べない→金がない→稼ぎがない→能力がない、の連鎖が始まる。
    私も夕方突然、「今日は焼肉屋に行く!、すぐ行くぞ準備しろ!、好きなものじゃんじゃんたのめ!、ジュースもたのめー」とやってみたいがその甲斐性はない。

    <野菜炒め>
    という訳で、獅子唐、かぼちゃ、なす、玉ねぎ、豚肉を焼くことになった。肉は豚のロースだが、大食漢の私の一人前だ。先に娘に肉を食べさせ、私はもらった獅子唐をつまむ。一応、始まりは焼肉だったのに数分後には野菜炒めになっている。

    <最後に>
    正直、焼肉屋にいって懐を気にせず、バンバン食べてみたい気持ちはある。焼肉屋で家族そろって夕食を食べたい気持ちはある。でも、そんなことしたら次の日からどうなるかもわかっている。情けなく思う。今の会社にいたら一生、焼肉屋にはいけないかも知れない。そんな気がする。親子3人で夕飯を食べられるだけでもしあわせか…

             明日の夕食は鳥の唐揚げです。
    スポンサーサイト


    未分類 | 21:26:13| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。